今、なぜ家族信託か

2022.09.15

家族信託は、成年後見制度に代わる新たな方法です。

相続対策等で特に困ることは、被相続人が病気や事故、認知症等で判断能力を喪失して資産が凍結され、財産管理ができなくなることです。
家計信託は、財産を持っている人が元気なうちに信託契約を締結しておくことで病気や事故、認知症等で判断能力を喪失しても、財産を託された人が一切影響を受けずに、生前贈与等の相続対策も含め財産管理が行えます。

将来、認知症になったとしても、家庭裁判所を介在させることなく信頼できる家族間で将来の財産管理と資産承継の道筋を契約で作ることができます。

  • LINEで送る

「託ティクス」無料相談

相続や家族信託の悩みは専門家に無料で相談してスッキリ解決!

専門家が、あなたやご家族の状況を丁寧にヒアリングし、最適なプランをご提案することで悩みを解決します。

いますぐ無料相談